久々に書く気分になったので書く

 

 

最近、気づけば言葉を自分を守るためだけに使用している気がする。ということ

 

私の文章はとにもかくにも防衛線を張ったものが多い。多分、~かもね、~な気がする、などなど挙げたらキリがないし誰かに分析してもらいたいくらいだ。

別に自分を守るために言葉を使うのが悪いわけではないと思う。多分。(ほら、また使った)

ただ、ただ、私だって昔は一端に言葉を紡ぐのが好きで、今だって書いて(打って)いたら手が止まらなくて、そんなんなのに、それなのにそれがすべて身を守るためにだけ使われてしまっているのは、なんだか情けないし悲しいし、そして言葉に対しても申し訳ないなと思うのだ。というか思った。ついさっき。

 

 

最近はことばとかぶんしょうとかの氾濫に溺れてしまって、でもそれを外にまとめてだすこともしなくて、

ああ、自分がどんどん思考停止していっているなというのを感じる。

別に今書いている文章だって一ミリも意味はないのだけど(また張った)、

こうやって書いているだけで何か快楽物質でも出ているのではないかという感じで気持ちよくなってくる

 

もうちょっと真面目に色々思考していったりしたものを吐き出したいところではあるなとは思うけど、こうやって流れるままに書くのは本当に楽しい

ここまで全く頭を使ってないし一秒も手を止めてない、すごい、なかなかできることじゃないよ、すごい。って言って自分を褒めたりする

 

思うに、インプットが多すぎる

こうやってアウトプットにもならないアウトプットをしてるだけで脳が解放されてるかんじがするもんな。

インプットも、もっと良質なものを入れていけばいいのに、結局雑多な、ネットの海に氾濫する小石とか貝殻のかけらとかを拾ってるだけだし。

まあそうやってるうちにたまに珊瑚とか水晶を見つけてしまうので、漂いウォッチングをやめられないんだけど

 

あー。気持ちい。

とりあえずこのエントリは意味もなくここで終わるとして、

で、最近あった、まとめとかなきゃいけないのでは出来事はまた書くとする。うん